キャプテックスの強み

 キャプテックスで働く電池電源のエキスパート達が培ってきたノウハウを用いることで、 リチウムイオン二次電池を用いた蓄電システムのさらなる高効率化・長寿命化・安全性の確保を実現していきます。

 

キャプテックスの強み

強み1 技術力

蓄電池システムの開発・生産には、高度な最先端の技術力が必要です。高性能のリチウムイオン二次電池を使用し、高機能のリチウムイオン蓄電池システムを構築し、安全に安心してご使用いただく技術力がCAPTEXの強みです。 CAPTEXが培ってきた電池電源のエキスパートチームの特許や、ノウハウ、経験がリチウムイオン二次電池を用いた蓄電システムのさらなる高効率化・長寿命化・安全性の確保を実現していきます。

DEVICE-2-MODULE、MODULE-2-SYSTEM 、SYSTEM-2-GRIDの3つの PHASEにわたり、毎年複雑化していく環境・エネルギーの社会インフラの変化に対応する技術力が必要です。 リチウムイオン二次電池の技術開発のスピードは速く、電池材料だけでなく、モジュール化や パック化の技術や、蓄電システムを安全に効率よく低コストで運用できる電気、電子デバイスの技術も大きく進展しています。

緊急時に最低限のライフラインを確保する上で、非常用電源としての二次電池の必要性もましてきました。市役所や、病院等の公共施設だけでなく、一般のビル、集合住宅から一般の家庭まで、非常時の対応が進められるようになってきています。

エネルギーは、集中型のシステムから、分散型のシステムへ、そして、再生可能エネルギーの効率的な利用の重要性が高まっています。 リチウムイオン二次電池とリチウムイオン二次電池蓄電システムの目標となる性能等を認識して、技術開発課題を明確にし、さらなる技術力向上に努力しております。お客様に感動を与える製品つくりに、全員参加で、全力投球しております。

強み2 ワンストップサービス

キャプテックスでは、お客様からのご要望内容から「コンセプト、開発企画、構造・制御等の設計」といった企画書の作成から、プロトタイプ(試作)の製作、試作品の性能評価、実証モデル製作、量産までをワンストップで実施しています。

スピーディで無駄のない行動力、経験とノウハウと実績から生まれる企画力、豊富な評価設備と評価結果の分析力が、CAPTEXの技術力を支えています。

このように部分最適から全体最適を見据えた技術力で、クリーンルーム(クラス8:ISO14664-1)仕様の生産工程で、少量多品種、変種変量生産が可能な工場(岡崎市)が大きな強みとなっています。 また実際に試作したモデルでのベンチ評価・モニタ評価の結果を元に、さらに安全性の向上、品質の向上、原価の低減、小型軽量化等の改善改良を進めて、お客さまに感動を与える製品つくりに全員参加で、全力投球しております。


ワンストップサービス


強み3 CAPTEXは、一部上場会社である長瀬産業(株)の100%出資会社です

CAPTEXは、VENTURE企業としてスタートしました。電気二重層キャパシタ(EDLC)のCELLの開発から、モジュール化、システム化、それに伴う制御としてのハードウエアや、ソフトウエアも開発の一貫でした。リチウムイオン二次電池の価格、性能、品質、安全性の向上に伴い、リチウムイオン二次電池システムが市場に展開されてきています。地球温暖化が進む中、CO2削減のため、再生可能エネルギー利用促進等、エネルギーマネージメントには、リチウムイオン二次電池およびリチウムイオン二次電池システムの利用が不可欠です。 分散型電池電力貯蔵技術は、リチウムイオン二次電池がリードしていきます。

幅の広い情報収集力、最先端部材の専門知識、市場の調査分析力を持つ長瀬産業(株)と強い連携のもと、CAPTEXは、VENTUREとして習得した柔軟性のある開発力、最先端技術力、洗練された企画力などの良い「気質」を残しながら、お客さまに感動を与えることのできる製品を提供できるように全員参加で、全力投球してまいります。

マーケット


ページの上部へ